ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

井原中学校 教育の重点

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月18日更新

教育目標

   「あすを担う教養豊かな実践人」

校   訓

   「さとく ゆたかに たくましく」

教育方針

  1.  「生きる力」を育むため授業研究等を通して、<思考力><判断力><表現力>の向上をめざす学校
  2. 思いやりと信頼関係で結ばれた人間関係を構築し、安心と信頼の中学校生活を保障する学校
  3. 意欲的に取り組む学校行事や生徒会行事、部活動や体験的な学習により、社会性や倫理観、時散る制を育てるとともに、豊かな心を持った生徒を育成する学校
  4. 積極的に地域社会や保護者との連携を図り、地域や保護者の願いを受け止めた教育活動を展開する学校

経営重点

 1 確かな学力の定着を図る指導の徹底

  1.  認め合い学ぶあう集団づくりの視点に立った授業研究を通して授業力の向上を目指す
  2.  主体的・対話的で深い学びの実現を図る 
  3.  学級集団づくりを授業の学習集団に結びつける
  4.  特別支援教育の視点を重視し、基礎基本の徹底を図る(全校一斉テスト・補充学習・少人数指導)

 2 心の教育の推進と生徒指導の徹底

  1.  基本的生活習慣の確立と授業五則の徹底を図る
  2.  「道徳の時間」を要とした道徳教育の充実を図る
  3.  信頼関係を基盤とした学級経営の充実を図る(特別支援教育ブロックリーダーを活用した研修を進める)
  4.  学級活動等を充実させ、学校行事への取組や諸問題を主体的に解決しようとする実践的態度を育成する
  5.  生徒指導上の課題への対応について学校全体で共通理解・共通実践を図るとともに、積極的な生徒指導に重点を置く(生徒会活動、委員会活動の充実)

 3 静ひつな環境づくりと状況に応じた安全確保の徹底

  工事に伴う動線の変化と安全に関する生徒への指示の徹底を図る

 4 校区内小学校、家庭、地域、関係機関との連携による指導の充実

  1.  校区内小学校と定期的に交流し、学習規律や生活習慣等についての連携を図る
  2.  スクールカウンセラー、適応指導教室等との連携による不登校対策の充実を図る
  3.  家庭・地域・関係機関との連携を強化し、生徒の健全育成、安全確保に努める
  4.  学校評価やがっk学校評議員制度の活用により、学校教育の改善、充実を図る