ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 牛乳パックのリサイクル活動

牛乳パックのリサイクル活動

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日更新

平成31年4月から、井原市の学校給食で出される牛乳が紙パックに変わりました。

出部小学校では、全校で牛乳パックのリサイクル活動に取り組んでいます。

子どもたちが環境保護を意識し、ごみを減らそうと頑張ってくれる姿はとっても頼もしいです。

 

           ★ 取り組みの様子 ★                                         

(1)まず、飲み終わった牛乳パックを丁寧にあらいます。

  1  2

  3  4

 

(2)そして、ハサミを使って牛乳パックを切り開きます。

  5  6

 

(3)専用のかごに入れて、しっかり乾かします。

  7  2

 

(4)乾いたら、数枚をマスキングテープでまとめます。

  8  2

 

 

(5)各クラスの児童が、コンテナ室に運んで透明袋にまとめます。

  そして、給食委員会が重さをはかります。

  1  2

 

(6)ダストピッドに運んだゴミは、クリーンサービス・井原の方が笠岡の処分場に運んで下さり、

  リサイクルに回されます。